toggle
〜占いが運命を決めることもある〜
2021-01-05

好きな人とのLINE頻度が減る場合どうすれば良い?【スマートな諦めも大事!】

スポンサーリンク

LINEの頻度が落ちると不安になりますよね。

通知音にそわそわ。LINEが入っても広告でげんなり…。

痛いほど良くわかります。

本日は全国で同じお悩みを持つ恋する女性へ、考えられる原因と対処法をお届けします。

 

  • 頻度が減る理由
  • 対処法
  • 注意点
  • まとめ

 

LINEが減る理由

連絡頻度が下がる要因はいくつか考えられます。

どれかには当てはまるのではないでしょうか。

 

忙しいタイミング

頻度が落ちてもLINEから読み取れる相手のテンションが変わらなければ、単純に忙しいことが考えられます。

未読無視は失礼だし、既読をつけたらすぐ返事しないと不自然に思われるよな…

と悩んだあげくに返信ペースのダウンをとる人もいるでしょう。

LINEは続けていたいし嬉しいのだけど、とにかく忙しいという状態です。

少し時間が経てば、きっと頻度も元に戻るでしょう。

 

内容が盛り上がっていない/面白くない

やり取りの内容を見返してみましょう。

貴女は好きな相手と繋がれていること自体に喜びを感じているかもしれませんが、

毎回相手のLINEの反応は如何でしょう?

そもそもトークは弾んでいましたか?

頻度が減ったなら相手がLINEに飽きてきたか、面白みを感じていないことが考えられます。

盛り上がっている最中に頻度が落ちたら、それはまた別の原因があるでしょう。

 

急を要さない内容

LINE頻度が落ちてきた時。急を要さない内容のLINEではなかったですか?

LINEでダラダラ繋がっていることを好まないタイプの人もいます。

そんなタイプはコンスタントのやり取りの頻度を落とすべく、

急を要さない内容なら返信を控えるでしょう。

 

脈なしを察して欲しい

LINE頻度が減ったことにプラスして返事が素っ気なくなったら脈なしサインでしょう。

だったらLINEしないでよ!って思っちゃいますよね。

変に期待させるようなLINEをしつつ頻度が減ってきた、なんてことも。

脈なしかもと思ったら、こちらも一旦引くのが〇。

そこで相手の出方を見て、アクションを起こしましょう。

脈なしが分かったら悲しいですが、早めに分かったら無駄なときめきを払わず済んだということで、次にいきましょう!

 

駆け引き

急にLINE頻度が下がったなと思ったら相手も貴女を意識して、駆け引きに出ている可能性があります。

この時オススメなアクションは、一言好きな想いを込めたキュンさせる一言を送ってLINEをストップさせることです。

例えば、

「○○くんに会える予定があれば明日の憂鬱な会議乗り越えられるのにな~」

「○○さんとシフト一緒なので頑張れます!」

などなど。

駆け引き中はやり取りが先に進まずヤキモキします。

次第に気持ちも冷めかねません。

なので、相手が好きで駆け引きされていると感じたら、状況を打破するためにも

思い切って想いをぶつけちゃいましょう!

でも、付き合うや好きというフレーズは絶対に使ってはいけません。

そこは相手からのコトバを引き出しましょう。

 

他の人とのLINEのラリーが盛り上がっている

誰か別の人、友達でも先輩でも同僚でも、若しくはグループトークが盛り上がって

ラリーがテンポよく続いている最中は他の人へのLINE頻度が下がることもありますよ。

ひと段落したらLINEをストップさせている他の人へ返信しようという具合です。

マルチタスクではない人なら尚更あるあるです。

 

LINE頻度が減ったら試すこと

行動あるのみ!打つ手があるなら試してみましょう!

 

返信をやめる

思い切って返信をやめてみましょう。

相手から「忙しい?」「どうかしたの?」またはスタンプなどで貴女の様子を伺うような内容が届けば

相手もLINE頻度が低いながら貴女からのLINEを楽しみにしている証でしょう。

相手から何も送ってこない日が数日続けばもう脈なしと判断して良いでしょう。

早いところ見切りをつけましょう。

 

会った時おねだり/拗ねてみる(可愛く!!!)

会えればもうこちらのものです。

会ったとき、お酒の力を拝借しても良いでしょう。

2人だけの雰囲気の良いタイミングを見計らって、

「LINEない時寂しくなるよー」

「忙しい?」からのLINEもっと欲しいアピール、などなど。

オススメなのは「○○くんからのLINEが入ってると嬉しくなる!」

「○○くんとLINEしてると落ち着く」

スポンサーリンク

というポジティブな発言。可愛らしいですよね。

若しくは、「LINEあんまり好きじゃない?」と聞いてみても〇ですね。

相手への気持ちを確かめる前にLINEに対する優先順位を確認してみると印象が良いです。

変な下心が感じられなく、非常にスマートな質問です。

 

急を要する内容を送る

「今夜って何してる?」「今週末までのあの映画もう観た?」

などすぐに返信すべき、若しくは返信したらお誘いがあるかも??という内容を送るのです。

急なお誘いってドキっとしますよね。嬉しいものですよね。

何件かそのようなLINEを送っていると、次第に貴女からのLINEはそのような突然のお誘いが含まれているかも?!と

メッセージが届いた段階で思うようになるでしょう。

そうなると次第に返信も直ぐにきて頻度も上がっていくでしょう。

急を要する内容を送る際、最初のメッセージに肝心の具体的な要件を含めないことがミソです。

 

余裕を持つためのアクションを起こす

相手からのLINE頻度が落ちてきて不安になり返信がきたらついついがっついてしまう…。

待ってましたとばかりに返信していることを見せているつもりがなくても相手には伝わってしまうものです。

そうならないために心に余裕を持ちましょう。

LINEの問題はLINEで解決。

他の人とのLINEで盛り上がってしまえば良いのです。

LINEが来ないと寂しくなりますよね?

そうなったら久しぶりの人へ「元気?!」など送ってみても良いでしょう。

久しぶりの人からのLINEはビックリしますが嬉しいですよね!

仲良しの人と他愛もないおしゃべりLINEを繰り広げても楽しいです。

 

注意点

これが出たら脈なし!

返信に下記の内容が入ってたら重ねてLINEをするのはやめましょう。

  • 返信が「うん」「ねー」「へー」などの相槌のみ
  • 返信が「いえいえ!」「大丈夫よー」などのひとこ
  • スタンプのみの返信
  • 自分が送ったLINEに対する返信がない

明らかな脈なしLINEに重ねるのはイタイです。

さっと引いてその後は通常通りに振る舞うのが大人。

 

たかがLINE、されどLINE

恋する皆様。LINEの頻度が減ったことが気になってしまってこの記事にたどり着いたのだと思います。

スマホの一アプリでのやり取りに過ぎないLINEというツール。

LINEごときでヤキモキしている自分に嫌気がさす、そんな気持ちもあるのではないでしょうか。

私もLINEのやり取りごときで一日悩むなんて馬鹿馬鹿しいから辞めたい!と思った経験はあります。

しかし昨今LINEをインストールしているのがマジョリティですし、

仕事でもLINEのグループトークを活用している、なんて企業も多数あります。

そういです、LINEが私たちの生活で欠かせないものになってきている事は確かな事実です。

人と人がコミュニケーションをスムーズにとれて、しかも無料という大変便利なアプリなのです。

そんなLINEが普及した今、好意を寄せてくれている相手とのLINEで相手を不安にさせてしまうようでは、

救いようがないと言いたいです。

 

実体験!LINEで繋がっていた2人。選んだのは…?

ここで一つ筆者の実体験をお話しします。

過去に魅力的な男性2人に同時期に好意を寄せてもらっていた時期がありました。

Aさんは超大手企業の期待の星。ルックスはどストライク。

Bくんは夢を追い求めて奮闘しているタイプ。不安定な収入源が不安。ルックスも性格も〇。

私はそれぞれに魅力を感じていました。

AさんとBくんは共通して仕事に燃えるタイプで、なかなか会う時間が取れませんでした。

会えなくてもLINEのやり取りはしていました。

最初は二人とも盛り上がってテンポよくLINEが続いていましたが、次第に性格や心境が現れてきました。

彼女になれたら別世界を見せてくれそうで、理想的なスペックを持つAさん。

最初の頃は旅先での写真や仲間との写真などもLINEで送ってくれていたのに、

いつの間にかどんどん気まぐれなLINEになっていきました。

気まぐれでLOVEのこもったLINEが来るので、最初は忙しいから仕方ないと解釈してときめいていましたが、

そのうち頻度が少ないLINEにヤキモキしている自分に疲れてきて相手への気持ちも冷めきってしまいました。

一方、決してスペックが良いとは言えないBくんは仲良くなった頃から変わらない頻度でLINEをしてくれます。

つまり、マメな人だったのです。誠意を感じますよね。

LINEの頻度も合わせてくれて心地よく、例えば怖い夢を見た時や小さな地震がきた時など

誰かに連絡したくなる瞬間に思い浮かぶのは、AさんではなくBくんになっていたのです。

お付き合いを考えて付き合いを発展させていきたいのは、Bくんでした。

 

付き合うイコール、関係に油断(マンネリ)が出てくるもの。

そんな仲になったらAさんタイプのLINEは素っ気なく必要最小限になっていくでしょう。

しかしBさんは恋人同士になってもこちらに安心感を与えてくれるLINEの頻度は変わらない事が予測出来ます。

要は、恋のライバルにさえ差をつけさせることが出来るのがLINEなのです。

LINEを制するものは恋を制する!

「たかがLINEで悩む自分なんて…」と思っている貴女!貴女の判断基準、間違ってなんかないんです。

 

まとめ

「そもそも私へのLINEを疎かにするなんて論外!」くらいの気持ちでいましょう。

相手のLINEペースを気になって不安になったら負けです!

自分の時間を大切に、自分を一番可愛がれるのは自分自身ですよ!

恋をする全ての人へ、幸あれ!

スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です