toggle
〜占いが運命を決めることもある〜
2020-10-26

好きな人にあけおめLINEは気を引くことが出来る?

あけおめLINEは一年で一度の大チャンス!

好きな人がいる貴女は彼との何らかの方法で連絡を取りたい!と思っていることと思います。

せっかく好きな人が出来たのなら、彼からのLINEを待っているばかりはナンセンスです。

非常に勿体ないです。

この記事では用がなくても恰好のLINEのタイミングであるあけおめLINEについて見ていきましょう。

 

・あけおめLINEが有効な理由

・あけおめLINEのベストタイミング

・あけおめLINEに対する脈ありな返信例文

・あけおめLINE例文

・あけおめLINEで気をつけるポイント

 

好きな人へのあけおめLINEは気を引くことが出来る?

新年を迎えた新しい気持ちの年初めに女の子からLINEが届いたら素直に嬉しいものです。

前提として、もしも男性に恋心がなくてもあけおめLINEは

決してマイナスには作用しないのでご安心して、

読み進めていただければと思います。

 

好きな人へのあけおめLINEが有効な理由

一にも二にも、いやらしさがないことがあけおめLINEの最大のメリットです。

人肌恋しくなってきた秋頃やクリスマス前、バレンタイン、

誕生日、夏休みと一年を通して恋人と楽しみたいイベントは定期的にあります。

 

これらのイベントとあなたのアプローチが被ると、

こちらが意図していなくとも先方は少し構えてしまいます。

「イベントを一緒に過ごす相手がほしくて今なのでは・・?」と

余計な考えが頭によぎってしまうのは女性も同じなのではないでしょうか。

ですのでお正月という清い下心を彷彿とさせない日のLINEが有効なのです。

真剣さと何より丁寧さが一番引き立つ日、それがお正月です。

 

あけおめLINEの効果的なタイミングは?

効果的なタイミングですが、1日は控えましょう。

LINEの友達皆へ送っていると勘違いされがちです。

早く送りたい気持ちは痛いくらい分かりますが、

2日もしくは3日に送りましょう。

4日になるともう三が日が過ぎてしまっているので、

あけおめLINEを送るのは…微妙です。

 

時間帯も考えてみよう

出来れば2日か3日の18時前に送りましょう。

お正月は普段よりもお酒を飲む期間という人が多いですよね。

親戚の集まりや幼馴染みとの再会、新年会などなど。

 

お酒が入った後、夜間のLINEは真剣みが薄れます。

日常的にLINEをしていない相手へ送る場合は尚更酔った勢いで

送ってきたのかなと思われかねません。

午前中なら少しだけ長めのお正月の絵文字を使った丁寧なLINEを入れても、

決してヘビーにはならないでしょう。

 

あけおめLINEの脈ありな返事とは?

そもそも、あけおめLINEでは新年の挨拶のみでは意味ないです。

必ず相手に合わせたプラスαの文が必要です。

そうでなければ、相手からの

あけましておめでとう!今年もよろしくね

以外の何も返ってきません。

 

あけましておめでとうございます」に加えて、

お正月はご実家の宮崎に帰省してるのかな

ホテルの仕事だと、お正月とか関係ないよね。むしろ書入れ時だよね、お疲れ様-!

などのプラスαが加えられたら良いですね。

 

プラスαの文が長いと新年早々うざったいので、1,2文にしましょう。

あなたのあけおめLINEに対するお返事を例文を挙げて見てみましょう。

1~5の例文の横には脈なしが×、

イマイチ分からないが△、

脈ありが〇で記載しています。

 

×「今年も楽しく過ごせるといいね!」「寒いけどお互い体調には気を付けてすごそうね!」

丁寧な内容で嬉しいかもしれませんが、

彼に恋心はない可能性が高いです。

特徴は誰に対しても当てはまる内容です。

そして、会話のキャッチボールがあまり期待できないですよね。

やり取りを長く続けるつもりもなく望んでいない合図です。

 

△「実家のこたつから出られない~」

呟きタイプ。

こうくると、次は「ほんとに寒いよねー!雪降りそう」

「毎朝布団から出るのきついー」

など同じような浅さのLINEしか返せないですよね。

こちらも、相手は友達にもきっと同じような感じで接しています。

恋心があるかどうかは、微妙ですよね。

 

〇「元気にしてるかな?俺は今年、会社やめて大学院を目指すために受験生になるんだ」

近況報告ですが、浅い内容ではないですよね。

何も想っていない相手に人生のイベント系は伝えたいとあまり思わないものなのではないでしょうか。

人生における大きな決断の報告や大きな変化の報告をあなたに知って欲しい、

そして応援していてほしいという気持ちが隠れています。

どうかこのようなLINEを受け取ったら、「凄い!頑張ってね!」ではなく、

きちんと腰を据えて丁寧な文章で返信してくださいね。

 

〇「今年のおせち、(あなた)の好きな数の子はたくさん食べられたかな?」

あなたの好みを覚えていてくれてますよね。

食の好みだけではなく、「毎年年越しは箱根なんだっけ。今年も行ってるのかな

などのあなたの事を覚えていてくれている内容は脈ありです。

男性もあなたのことを知っている、分かっているアピールをしたい心理が隠れています。

見逃さないで、しっかりキャッチしてくださいね。

 

好きな人へのあけおめLINEの例文を紹介!

仲がいい男性へのあけおめLINE

「あけましておめでとうございます。昨年は転職をしてはじめは不安ばかりでしたが、隼人のおかげで新しい職場にもはやく馴染むことができました。本当にどうもありがとうね。」

こちらは昨年の相手への感謝を丁寧に伝えるパターンです。

昨年はありがとうね」では漠然としていて何について感謝しているのか伝わりません。

些細な事でも構いません。

何か彼と自分の間に起きたエピソードをピックアップしてみましょう。

 

「あけましておめでとうございます!今年こそは予てから計画しているスノボ旅行、叶えたいな~!祐希先生のスノボ教室、楽しみにしています♪」

食事でも遊びでも、社交辞令と期待の混じった

今度行こう!

を実現させる良いタイミングです。

あけおめLINEを計画し始めるきっかけにしましょう。

 

何度か関わりがある男性へのあけおめLINE

「あけましておめでとうございます。先日お話ししていた浅草寺の初詣にはもう行ったのかな。」

あなたとの会話、しっかり覚えてますアピールパターン。

尚且つ、どこかへ出かける話しをすれば、

まだだよー!佳代はもう初詣行ったのかな?

まだなら一緒にいく?」など

うまくいけば一緒に行かれる話に発展するかもしれません。

 

「あけましておめでとうございます。冷えますね。先日のお似合いだった黒コートが大活躍ですね」

覚えてますアピールと褒めを絡ませています。

貰った側は間違いなく嬉しいLINEですよね。

シンプルに、嬉しいです。割と間違いない、

どの相手にも使えます。

 

男性は女性ほど褒められなれていません

女性は待ち合わせで合流するなり

その靴めっちゃ可愛い!」「ネイル変えた?赤似合うよね!

など褒めてコミュニケーションを円滑にするプロフェッショナルです。

男性同士は褒めあうことなどほぼ皆無ですし、

ましてや異性に褒められる日常の男性は稀有です。

女性に褒められたら、少なからず意識するきっかけになるはずです。

 

話したことがない男性へのあけおめLINE

あまりないシチュエーションかもしれませんが、

実際に会ったことがない場合です。

アプリでマッチングした相手で、

まだ会う約束をしていない相手、

いるのではないでしょうか。

 

「あけましておめでとうございます。ご実家に帰省されているんでしたっけ。先日教えてくれた丸の内のカフェ、行かれる日を楽しみに仕事始め頑張ってきます!」

会ったことがないのなら、「もう今年は会おうね!」って伝えてしまって良いです。

むしろ、そのまま変化のないゆるゆるLINEラリーが続くことを

回避するのに新年一発目のLINEを有効活用してください!

少しグイグイ行き過ぎ?と不安になる気持ちは分かりますが、

絶好の機会を逃さないでください。大丈夫です。

 

「あけましておめでとうございます。年越しも職場って仰っていましたよね。お疲れ様です。寒いので風邪引かないように無理なさらないでくださいね。」

年末年始に忙しくなる業界も沢山あります。

そんな彼には会いたいではなく、

労いの言葉を送りましょう。

いつもあなたを気にかけていますをアピールして、

彼の良いタイミングで誘ってもらうのを待つのがベストです。

 

好きな人へのあけおめLINEで気をつけるポイント

LOVEは出さない

彼への“LOVE!”な気持ちを彷彿とさせる言葉は絶対に含めてはいけません。

逆効果です。新年早々ヘビーです。

 

二人だけの話題

相手とどんな関係であれ、

あけおめLINEは相手と自分二人だけの話題を盛り込みましょう。

 

あけおめことよろはNGワード

どの相手にも共通して言えることですが、

親しい仲であっても新年の挨拶はきちんと入れましょう。

間違っても「あけおめことよろ」などという幼稚なフレーズは入れないように。

スタンプであってもNGです。

 

しっかりした挨拶ができることはカッコいい

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

親しい相手に送る文章がかっちりしていて感じる気恥ずかしさ。

気持ちは分かりますが、新年の挨拶の場です。

端折らずしっかり書きましょう。

略したり文末に付ける(笑)などで誤魔化すのが一番ダサいです。

 

真剣な文章や褒めてくれて嬉しいフレーズの後に「笑笑」とついていて、

気分が一気に冷めたLINE。

筆者も最近経験しました。

あれは、凄く残念です。

 

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

新年になった清いタイミングでアプローチしていくのは非常に良いタイミングです。

どうか来年こそはそのチャンスを逃さず、後回しにせず、

今のうちにしっかり考えを練って恋を実らせてください!

この記事にたどり着いてくれたすべての恋する女性へ、幸あれ!!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です