toggle
〜占いが運命を決めることもある〜
2020-12-29

好きな人にLINEを送るきっかけ!【脈あり男性とのメッセージの始め方】

スポンサーリンク

好きだ!好きすぎる!連絡せずにはいられない!何かしら連絡をとっていたい!アクションを起こしたい!

…でもきっかけが無い!!!

とお悩みの皆様。

アクションを起こそうと思い立ったらもう偉いです。

その勢いを上手に文章にしてLINEを送れるように、一緒に見ていきましょう。

 

  • GOODきっかけ
  • NGきっかけ
  • 注意点
  • まとめ

 

LINEのGOODなきっかけ

意中の相手にLINEを送る丁度良いきっかけを見ていきましょう。

ナチュラルにLINEスタートできる話題を集めました。

 

お礼

お礼はベストなきっかけです。100%相手を不快にさせません。

「今日は○○に関して教えてもらって、ありがとうございました。」

「手伝って下さってありがとうございました。助かりました。」

「シフト調整ありがとうございました。」

などなど、何かしらピックアップできる事柄はあるでしょう。

この時注意したいのは、「髪型褒めてもらえて嬉しかったです。ありがとうございました♪」

など褒められたことを話題に持ち出すのはやめましょう。くどいです。

飽くまでも仕事、貴女が学生なら部活やサークルに関することについてお礼を述べましょう。

 

確認

「文化の日ってオフィス、クローズさせますよね?」

「○○の締め切りって来月ですよね?」

「希望休って20日までに出せば良いんですよね?」

「来月分のシフトって、たしかもう出てますよね?」

確認内容が貴女も相手もはっきり理解して分かっている事柄を確認しましょう。

なぜなら、貴女の目的はその確認ではないからです。

その確認内容を膨らませて会話を続けられても…違う方向に話が向かってしまいかねません。

確認LINEは恋愛不器用さん、奥手女子、皆々様へ使って頂けるきっかけかと思います。

 

質問

確認同様、万能です。

「金曜日の飲み会って参加しますか?」

「明日の持ち物って何か特別な物、ありますか?」

「今日仕事上がる時に電気消し忘れちゃったかもです。覚えてますか?」

「この件のメールの添付画像、ちゃんと表示されていますか?」

質問も確認も同様に、とっても些細な内容にするのがポイントです。

”念のため確認させてください!””ちょっと気になちゃって”くらいが程よいのです。

 

SNSの投稿について

普段あまり絡むことのない人でもSNSはフォローしあってたりしますよね。

気になる人が投稿してたら、チャンスです。

「インスタの焼き鳥めっちゃ美味しそうですね!どこのお店なんですか?」

「さっきアップしてた車、とってもオシャレですね!めちゃくちゃカッコイイですー!!」

「メキシカンの投稿見ましたー!今日のランチで行ったばかりだったのでビックリして思わずLINEしちゃいました」

タイムラインに次から次へと流れてくる沢山の投稿。

自分の投稿を見て反応してくれてることは嬉しいですよね。

誰かに見てほしい、聞いてほしくてSNSに投稿してるのですから。

相手に興味を持ってることが伝わるでしょう。

 

過去の話題

まず、LINEを貰って「嬉しい」と「返信したい」は別です。

気になる相手には返信したいLINEを送りましょう。

キャッチボールがなければ関係の進展は見込めません。

…男性ならではの考えかもしれません。嬉しいと返信したいはセットだと私は思っていたのですが…。

そこで、返したいLINEとは?を男性の友人たちへアンケート。

そこで出てきた答えは、”自分と話した過去の話題に付随する内容”とのことでした。

例えば、「今度友達と新橋でごはんなのですが、オススメ教えてほしいです!○○さん新橋よく行くって言ってたのでLINEしちゃいました」。

「○○さん、富山出身ですよね?今度旅行行くので色々教えてほしいです!」

「○○さんが朝食べてるって言ってたヨーグルト、食べましたよ!他のと全然違う!美味しい発見でした!」

などなど。

自分のこと、自分との会話を覚えていてくれると、その人に興味を持っていることがアピール出来ます。

 

相談

些細な相談をするのです。

決して重くない内容にしてください。

例えば、丁寧に書きたいメールを作成後に添削してもらったり、クレーム処理など。

学生、社会人どの立場でも悩みはありでしょう。

「こんな相談○○さんに”しか”言えないんですけど」と、限定感、特別感をたっぷり含めてLINEするのです。

「○○さん、お仕事でみんなから尊敬されてるし忙しいのに余裕のある優しい対応してるし、本当に凄いなって。。。だから相談させてください。」

なんていうのも、相手を褒めてからの相談に入る喜び確実テクです。

相談はかなりあざとさが増すので、関係性はもちろん、言い方を考えて効果的にしてください!

スポンサーリンク

 

確実に脈ありで落とせそうなら攻めるのもアリ

こちらからガンガン攻める。奥手男子にも有効です。

「こんばんは。起きてるかな?」→「なんとなく〇〇君にLINEしたくなっちゃた」

「お疲れ様です。最近も相変わらず忙しいです?」→「構ってほしくなっちゃって」

「髪切ったのめっちゃ似合ってる!ってずっと言いたくて一日が終わってしまったのでLINEしました(笑)」

「オフィスで爆笑した後思い出し笑いがまだ続いています(笑)○○さん面白すぎます」

楽しくLINEのやり取りが出来れば良いのです。

LINEは顔が見えない分、感情が伝わりにくいです。

絵文字や言葉のチョイスでパッと明るいLINEを心掛けましょう。

男性同士、仕事の連絡では絵文字もないですよね。

普段あまり絵文字を使わない貴女でも、意中の男性とのLINEは女性ならではの可愛らしい絵文字を少し加えて華やかにしましょう。

 

NGきっかけ

せっかく勇気を振り絞って送るLINEを台無しにしないように、NGなきっかけも見ていきましょう。

 

第三者に関する内容

照れ隠しでやりがちですが、共通の知り合いをだしにするのはやめましょう。

その第三者が男性なら尚更です。その人のことが気になっているように捉えられてしまうかも。

話題に出す第三者が女性だとしても、話題に登場人物が他にもいると、貴女への注目が薄まってしまいます。

 

プレゼントの相談(一緒に選んでの誘い含む)

上司や男兄弟へのプレゼントの相談…きっかけが古臭すぎます。

男性同士ですが、ぶっちゃけ知らない男性へのプレゼントなんて何のアドバイスもできません。

兄弟がいる人は口実にできますが、上司や男友達など他の男性の話題を好きな人へのLINEに登場させるのはオススメしません。

逆の立場でも面白くないですよね。

 

突拍子もない写真や話題

「大抵の男は単純だからLINEが来ること自体は純粋に嬉しい。でも返信したいかどうかは別。」

男友達が言っていた言葉です。

突拍子もない写真や呟きは、上記のように喜んでもらえたらラッキーですが、そうでなければただの”ダル絡み”です。

貴女と意中の男性の関係にもよりますが、SNSのごとくいきなり出先の風景や美味しかったごはんの写真など、送ってみるのはリスキーです。

LINEを業務連絡のツールとしか思っていない人もいますよね。

貴女からのLINEに喜びつつも、返信しなきゃの面倒臭さを感じさせてしまっては印象がマイナスです。

送るのであれば、その人に関係あるものにしましょう。

話題は常に相手主体です!自分の報告はSNSへどうぞ!

 

体調大丈夫?は気を付けて

同じチームの先輩が会社を早退したり、サークルを休んだり。

近い存在の人が体調を崩したのなら体調を気遣うLINEは効果ありかもしれません。

しかし、あまり身近でない人への体調を気遣うLINEは少々不自然です。

お見舞いLINEについては別で記事にしています。是非見てみてください!

 

謝罪

感謝LINE同様、些細なことでも”あの時はすみません!”があると思います。

「ゴミ出し忘れてすみません!」「用紙の補充忘れててすみません!」などなど。

些細なことなので後から掘り起こす程でもないですよね。

それをLINEのきっかけにするのはクドいです。

それなら「助けてくれてありがとう!」「今日助かったー!」など、謝罪を感謝へ変えましょう。

 

注意点

これが出たら脈なし!

返信に下記の内容が入ってたら重ねてLINEをするのはやめましょう。

  • 返信が「うん」「ねー」「へー」などの相槌のみ
  • 返信が「いえいえ!」「大丈夫よー」などのひとこ
  • スタンプのみの返信
  • 自分が送ったLINEに対する返信がない

明らかな脈なしLINEに重ねるのはイタイです。

さっと引いてその後は通常通りに振る舞うのが大人。

LINE下手で実際は相手も貴女に気がある可能性があります。

その可能性を潰さないように!

 

きっかけLINE、送る時間帯は夜!

他のLINE術では夜のLINEは下心補正が入るのでNGと書いていますが、きっかけLINEは時間帯を活用しちゃいましょう!

夜は恋愛スイッチが入りやすいのはもう共通の認識ですよね。貴女も実感しているかもしれません。

そんな時間帯に突然異性からのLINE。しかも業務連絡ではないLINE。

自然と意識しちゃいますよね。

そんな夜のセンチメンタルなモードには左右されませんな人でも、

夜は外も静かで電話も鳴らず一日の中で最も落ち着ける時間帯です。

その時間にLINEすれば片手間に返信されるのも防げます。

夜>朝>夕方>昼の順にLINEの効果を引き立たせる時間です。

 

まとめ

好きな人がいるのなら、アクションを起こさないと勿体ない!

LINEというルーツを最大限に活用して、きっかけLINEを送ってみてください。

恋をする全ての人へ、幸あれ!

スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です