好きな人との電話の最適な頻度はどのくらい?【その人との関係性によります】

好きな人 電話 頻度 恋愛術
スポンサーリンク
Aさん
Aさん
「好きな人と電話したいけど、頻度はどのくらいがいいんだろう」
Bさん
Bさん
電話しても、ウザいと思われたくないし、最適な頻度を知りたい」

こんな疑問を解消する記事になっています。

【記事の内容】

  • 好きな人との電話の頻度は「その人との関係性」によります
  • 好きな人との電話の頻度を上げたい→その人との信頼関係を構築する
  • 好きな人との電話の頻度を上げる5つのコツ
  • 好きな人との電話の頻度を上げる上で注意すること3つ

好きな人と電話で喋る最適な頻度」、、ぶっちゃけ分からないですよね笑

2週間に1度がいいんじゃないかという人もいれば、1週間に1度がいいんじゃないかと言う人もいます。

その答えはその好きな相手にもよりますし。

相手の気持ちも知らないで、こちらが何度も電話したらウザいと思われる可能性もありますし、かといって全く電話しないとその「好きな人」に自分という存在が知られることがないですから。

ただ、それまでにお互いの信頼関係を構築していったら話は全然変わっていきます。

本記事ではそこらへんを含めて、「どのようにして好きな人との電話の頻度をあげれるか?」についても解説していきたいと思います。

それではいきましょう。

好きな人との電話の頻度は「その人との関係性」による

好きな人 電話 頻度

はっきりいって、好きな人との電話の頻度は「その人との関係性」によります。

上記でも少し言ったように「好きな人との信頼関係」ですね。

好きな人との信頼関係によって、頻度は大きく変わっていきます。

例えば、以下のような感じです。

  • 友達じゃない→電話できない間柄
  • 友達→たまに電話できる間柄
  • 友達以上恋人未満→よく電話できる間柄
  • 恋人同士→毎日電話できる間柄

こんな感じですね。

要するに、この記事を読んでいるあなたはどのレベルにいるかによります。

友達じゃなかったら、電話番号すら持っていない状態ですし(今の時代、SNSなどで手に入ることもできますが、、)、友達だったら、電話番号はあるけど、どのくらい友達かによりますし。

この記事を読んでいる人はおそらく下記のレベルなんじゃないでしょうか。

  • 友達→たまに電話できる間柄
  • 友達以上恋人未満→よく電話できる間柄

好きな人が友達じゃなかったら大変失礼しました、、ですが友達じゃなかったらそもそも「好きな人」にならないですからね。

なので、まずは相手との関係を良くする、つまり好きな人から友達以上に信用を得ないと、電話の頻度は上がらないのかと。

好きな人との電話の頻度を上げたい→その人との信頼関係を構築する

好きな人 電話 頻度

前述したように、この記事を読んでいる方は、「好きな人との電話をしたいけど、最適な頻度は?」という具合ですが、つまりそれは裏を返せば、「好きな人と電話をして、頻度を上げて、次につなげたい」ということになります。

まあこれも前述した通りですが、好きな人との信頼関係ですね。

相手から「この人となら話しても疲れない」、「この人と喋ったら楽になる」と思われるような存在にならなくてはいけないという感じです。

電話はあくまでもツールであって、これを読んでいるあなたは好きな人と電話をして、頻度を増やし、そして次のステップに進みたいハズです。

例えば、ゲームでもずっと同じステージにいてもダラけてしまい、自分が消耗するだけですからね。

まずは相手の信用を勝ち取る。次でそのコツを説明していきます。

好きな人との電話の頻度を上げる5つのコツ

好きな人 電話 頻度

それでは好きな人との電話の頻度を上げるコツを紹介していきますね。

ざっくり5つあります。

①:まずはメールやLINEをする

②:共通の友人と繋がる

③:さりげなく「電話が好き・したい」アピールする

④:「私で良ければ相談に乗るよ」とアピールする

⑤:電話を切るところが一番大事

こんな感じですね。

ひとつひとつ解説していきます。

その①:まずはメールやLINEをする

まず、メールや LINEなどを知っていれば、ネタはなんでもいいので活用しましょう。

例えば以下のような感じです。

・会社の業務上のこと(グチ、仕事忙しい?などの心配)

・学校であれば授業のこと(レポートいつまでだっけ?など)

・プライベートのこと(休日のことや日々のこと)

こんな感じですね。

ぶっちゃけ、男性は単純なので、「女子と LINEやメールできる」ということだけでも、テンションが上がります笑

なので、相手が好きであれば、そこを上手く突き、まずはメールやLINEなどで外堀を埋めていきましょう。

その②:共通の友人と繋がる

好きな人の共通の友人と繋がるのもアリです。

好きな人のために、友人を使う、、こういうことをすると「あざとい女」と思われがちですが、結果として、好きな人と信頼関係を構築できれば勝ちなんで、そこは勝負師としていきましょう。

しかも好きな人の友人と繋がれば、以下のメリットもありますからね。

  • LINE・電話番号を聞ける可能性あり
  • 好きな人と会える機会が増える可能性あり
  • あわよくば「手助け」してくれる可能性あり

「〇〇ってあの人好きなの?じゃあ今度連絡先聞いとくよ!」「今度、会う機会セッティングしとくよ!」

こんなお節介、、いやいいキャラの人もいますからね。

まずは「あざという女」と言われるかもしれないですが、外堀から埋めていきましょう。

ただ、注意しなくてはいけないのは「おしゃべりな友達」は避けたほうがいいです。

「おしゃべりな友達」に話したらほぼ、翌日には知れ渡っている可能性が高いですからね。

なので、友達選びには十分注意したほうがいいかと。

その③:さりげなく「電話が好き・したい」アピールする

好きな人と電話をしたい・あるいは頻度を上げたいなら、好きな人に「この人は電話が好きなんだ」と認識してもらう必要があります。

なので、例えば友人たちなどで好きな人と一緒にご飯などを食べているときに「私、電話好きなんだ」とか「メールや LINEもいいけど連絡は電話の方がいい」というアピールをしておきましょう。

そうすることによって、あなたの好きな人は「この人は電話好きなんだ、じゃあ連絡する時とかは電話にしよう」と意識ができるハズです。

ただ、わざとらしくすると、バレバレになってしまうのでそこは上手くやりましょう。

スポンサーリンク

例えば、友人たちとの集まりがある際に、「 場所とか時間、LINEするね!」とかじゃなくて、「場所とか時間、電話するね!」にすれば自然と話が伝わります。

しかも、もしその時点で相手の電話番号をゲットしていなかったらゲットできますからね。まさに一石二鳥です。

その④:「私で良ければ相談に乗るよ」とアピールする

好きな人との電話の頻度を上げるために最も効率がいいのは「相談に乗る」ことです。

例えば、相手が悩んでいる時に「私で良ければ相談に乗るよ」と言えば、ほとんどの人が口を開くでしょう。

人間、精神的に悩み、参っていたら、そういう一言に弱いものです。

なので、好きな人が悩んでいたりしたら「私で良ければ相談に乗るよ。話しにくかったら電話でもいいし」と言いましょう。

カギとなるのが「電話でもいいし」という言葉です。

はっきりいって、男はどんな人もでプライドというものがあり、特に女性や人前で恥をかくのを嫌う生き物です(人によります)。

なので、「電話でもいいし」というのは下記メリットがあります。

  • 相手のことを考えている
  • 好きな人と「悩み」を共有できる
  • 好きな人と唯一の秘密ができる

こんなメリットも生まれます。

こうすることで、好きな人はあなたを信用し、「ちょっと聞いてもらえないかな」みたいな感覚で電話をする頻度も高くなるでしょう。

もちろん、直接会って聞くのも全然構いません。

ただ、もちろんのことですが周りに話すことは絶対にやってはいけないことです。

これは、あくまでもあなたと好きな人の「秘密」なので、テンションが上がるのは分かりますが、秘密については心をに留めておきましょう。

その⑤:電話を切るところが一番大事

ここまで好きな人との電話の頻度の上げ方を話してきましたが、この⑤については1番重要かもしれません。

何故なら「マナー」だからです。

電話のマナーって意外と見られていますし、重要ですからね。

特にビジネスマン(語弊がありますが)は電話は必須ツールでマナーに厳しい人は電話の掛け方や切り方も見ている人もいます。

特に切り方も重要です。

  • 相手が切った後に切る
  • 電話したことについてのお礼(最後にまたね、などもOK)
  • 悩みについてだったらいつもで聞くよというダメ押し

こんな感じですね。

電話を切るときは相手が切った後に切る、、これはめちゃくちゃ重要です。

たまに、すぐに電話が終わった時に切る人もいますが、これは男性から言えば「この人、電話してきたのになんなん?」ってなります。

逆にきちんとしていると、「この人、ちゃんとしてるな」と好印象を与えることができます。

そして、よくあるのが「どちらも切れなくて、キャッキャしてしまうシチュエーション」です。

まあドラマとかであるシチュエーションですね。

あんまり現実では起きないかもしれないですが、もしかしたら起きるかもです。

そして最後は「またね」と悩み相談だったら「またいつもで聞くよ」と相手に伝えましょう。

そうすることで、「またいつでも電話をしてきてもいいし、私はあなたの味方だから」と同時に相手に伝えることができます。

なので、好きな人と電話をする頻度を上げたい方は電話を切る時まで集中を切らさずにいきましょう。

好きな人との電話の頻度を上げる上で注意すること3つ

好きな人 電話 頻度

好きな人との電話の頻度を上げる上で注意することは3つあります。

①:男性はあまり電話が好きじゃない人が多い

②:催促をしない(次、いつ電話していい?など)

③:スケジュールは向こうに合わせる

ひとつひとつ解説していきますね。

その①:男性はあまり電話が好きじゃない人が多い

これは人によりますが、男性はあまり電話が好きな人が少ないです。

何故なら、男性は電話を下記のように捉えているからです。

  • 連絡手段
  • ビジネスツール

このように捉えているので、電話=嫌い、とあまりいい印象がない人も多いです。

なので、あなたの好きな人も上記のような人かもしれないので、そこは注意が必要です。

もし嫌いだったら、最初はLINEなどで崩していき、そして短い時間の電話をしていく感じですね。

その②:催促をしない(次、いつ電話していい?など)

2つ目ですが、催促は絶対にしないようにしましょう。

男性、、女性にもいますが、人間、プライベートもスケジュール化されることを極端に嫌う人もいます。

特に、男性にとっては「次いつ電話していい?」などと聞かれると、「また電話しなきゃいけないの?」などと思う人も少なくはありません。

世の中には前述したように、 LINEやメール機能がありますからね。

なので、催促はしないようにしましょう。

最後は、「またね」とかで切ったほうがお互い楽なのでいいかなと。

その③:スケジュールは向こうに合わせる

当然ですが、電話をする際はスケジュールは好きな人に合わせましょう。

言い方が悪いかもしれないですが、あなたは電話をして好きな人にわざわざ時間を割いてもらっているんです。

好きな人が「悩みがある」とか「話がある」とかそのような話題であれば大丈夫ですが、それでも「この人はわざわざ私のために時間を割いてもらっているんだ」という意識は忘れないでおきましょう。

まとめ:好きな人との電話の頻度は信頼関係による!信頼関係を勝ち取ろう

好きな人 電話 頻度

おさらいしましょう。

好きな人との電話の頻度は信頼関係によります。

下記の通りですね。

  • 友達じゃない→電話できない間柄
  • 友達→たまに電話できる間柄
  • 友達以上恋人未満→よく電話できる間柄
  • 恋人同士→毎日電話できる間柄

頻度については人によりますが、こんな感じじゃないでしょうか。

そして頻度を上げるためには下記の通りです。

①:まずはメールやLINEをする

②:共通の友人と繋がる

③:さりげなく「電話が好き・したい」アピールする

④:「私で良ければ相談に乗るよ」とアピールする

⑤:電話を切るところが一番大事

こんな感じです。

まずは信頼関係の構築→そして頻度を上げていくために①-⑤をやっていく感じですね。

そうすることで、電話での頻度が上がり、そしてその次のステップに繋がるハズです。

とにかく行動ですよ。

明日からでもいいので、好きな人と電話の頻度を上げたい。。距離を縮めたい人は要チェックです。

スポンサーリンク